スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひざや関節が痛む

人には多くの関節があります。関節はドアの蝶番のようなもので、すべりがよくないといけません。そのために関節表面は骨より柔らかい軟骨に覆われ、さらに関節液という潤滑油のような役目をする液体があり、きわめて摩擦の少ない状態に保たれています。

[ 2008/03/05 19:06 ] 症状からわかる病気 | TB(0) | CM(0)

腰や背が痛い

腰痛の原因となる疾患は多種多様です。大別すると、神経学的異常を伴う場合と、伴わない場合があります。前者の代表として、、いわゆる腰痛症、骨粗しょう症、後者の代表として腰部脊柱管狭窄症があります。

[ 2008/03/05 19:00 ] 症状からわかる病気 | TB(0) | CM(0)

首や肩がこる原因や対策 予防

首や肩の凝りは、腰痛と同じく整形外科を受診する患者さんの訴えの中ではかなり多いものですが、原因は整形外科領域に限らず、眼科、耳鼻科、脳外科、精神的なものまで多用です。

[ 2008/03/02 04:19 ] 症状からわかる病気 | TB(0) | CM(0)

心臓マッサージの方法

対象者の胸の真ん中にある平たい骨の真ん中付近に自分の手のひらの付け根を当てて、反対側の手のひらをその上に重ねます。ひじは真っ直ぐに伸ばします。

ひじを伸ばしたまま、対象者の上に覆いかぶせるように位置します。

そのまま自分の体重を一気に対象者にかけるようにして、対象者の胸を真下におしつぶすようにおします。乳児の場合は、指を2~3本そろえて、指先で胸骨をおします。

手が横にずれると助骨を折ってしまうので常に胸の真ん中を押すようにします。マッサージの回数は1分間に80~100回を目標とします。実際はできる限り早く押すと覚えておけばよいでしょう。

心臓マッサージの合間に人工呼吸を行います。マッサージと人工呼吸との比率はひとりで行なう場合は、マッサージ15回に呼吸2回の割合で、二人で行なう場合はマッサージ5回に呼吸1回の割合行います。
[ 2008/01/29 00:36 ] 症状からわかる病気 | TB(0) | CM(0)

人工呼吸の方法 救命救急処置

対象者の顔の横に座り、気道確保の姿勢をとります。

片手であごを引きながら、他方の手で対象者の鼻をつまむ。

自分の口を開き、対象者の唇を自分の口の中に収めるように、自分の口をかぶせます。

5秒に1回くらいのペースで力をゆっくりと吹き込みます。乳幼児の場合は口をふさぎ鼻から吹き込みます。あるいは口と鼻の両方から吹き込みます。
[ 2008/01/29 00:30 ] 症状からわかる病気 | TB(0) | CM(0)

気道確保の方法 救急救命処置

対象者を仰向けにし、なるべくまっすぐに寝かせます。このとき頭や首はできる限りそっと動かします。息が感じられるときは、救急隊が到着するまで頭をうごかてはいけません。

同時に大きな声で助けを求めて救急車を呼んでもらう。

対象者の額に片方の手をあてて、頭を後ろに返らせ、反対の手を顎にあてて強く上方に引きます。

自分のほほを対象者の鼻に近づけ、対象者の胸の動きに合わせて息が感じられれば成功です。胸の動きがないときは直ちに人工呼吸に移ります。
[ 2008/01/29 00:27 ] 症状からわかる病気 | TB(0) | CM(0)

高齢者の餅 のどに詰まらせたとき

身近に起こり得る緊急事態の中で、命にかかわる代表的なものとして異物をのどに詰まらせたことによる窒息があります。成人では泥酔時に食べ物をのどに詰まらせる、高齢者では餅などの飲み込みにくいもの喉に引っかけてしまうなどがあります。

いずれにせよ直ちに偽物を取りださないと、きわめて危険な状態となるため、そばに合わせた人による処置が絶対に必要となります。

異物除去の基本は、はまりこんだ異物を浮かせて、喉との間に隙間を作ることで、次のような方法があります。

強く背中を立て続けにに5回たたく
子供うつぶせに抱えて頭を低くして行います。
[ 2008/01/29 00:24 ] 症状からわかる病気 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。