スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

湿疹と皮膚炎の症状 アトピー性皮膚炎

湿疹と皮膚炎はとくに中高年に多いというものではなく、赤ちゃんからお年寄りまでのどの年齢層においても、最も多く見られる皮膚病です。

[ 2008/02/28 20:21 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

血液凝固の異常 血小板やフィブリン

けがをして出血しても血液は自然に止まり、あとにかさぶたができます。これは血餅が乾燥したもので、血小板とフィブリンという線維状のたんぱくが複雑に絡まり、赤血球などを巻き込んでできたものです。

[ 2008/02/28 10:56 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

骨髄異形成症候群の症状

白血病の前駆症ともいえる骨髄異形成症候群MDSは、加齢とともに、増加する高齢者に特徴的な疾患です。骨髄異形成症候群は、貧血だけでなく白血球、血小板、免疫の異常など、多様な病体を持った疾患群の総称です。

[ 2008/02/28 10:52 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(1) | CM(0)

溶血性貧血の症状 治療

赤血球は一定の寿命が過ぎると肝臓と脾臓で破壊されますが、この速度が速くなり、赤血球がどんどん解けていくために起こる貧血です。

溶血性貧血は、中高年者では頻度が少なくなりますが、先天性溶血性貧血の軽度のものが、造血能の低下とともに重症化することもあります。
[ 2008/02/28 10:32 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

再生不良性貧血の症状

ほとんどが原因不明ですが、骨髄で血液が作られなくなって起こる貧血です。貧血だけでなく、白血球、血小板も減少し、重症型では頻回の輸血が必要になります。
[ 2008/02/28 10:30 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

巨赤芽球性貧血の症状

血液を造るためには、ビタミンB12が必要ですが、このビタミンは胃壁からつくられる内因子というたんぱくがないと吸収されません。

胃全摘をしていたり、内因子が作られなくなると(悪性貧血)、巨赤芽球性貧血になります。
[ 2008/02/28 10:28 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

鉄欠乏性貧血の症状 予防

鉄欠乏性貧血も少なくありません。原因として鉄分の摂取不足のこともありますが、多くが胃、腸からの出血によるものです。そして、この消化管からの出血の原因として、老年者ではがんの頻度が高くなります。

鉄欠乏性貧血には鉄剤が有効です。
[ 2008/02/28 10:25 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

老人性貧血の症状

老年者に特有の貧血です。いわゆる老人性貧血の多くは、ひとつまたは複数の臓器で潜在的にその機能が低下していることが原因と考えられています。これも鉄剤が無効です。

高齢者の貧血では悪性腫瘍の存在を疑います。老年者の血液を作り出す働きは、加齢による変化と、加齢とともに増加する合併疾患と、大きく二つの影響を受けます。

運動、栄養の影響も無視できません。
[ 2008/02/28 10:23 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

二次性貧血の症状 予防 原因

二次性貧血の程度は軽度または中程度で、つよく進行する傾向はありません。慢性に進行するので、代謝機能が働いて貧血の症状はないか、あっても軽度です。そのため見過ごされることが少なくないので、毎年検診を受けることが大切です。

この型の貧血は鉄剤を長期間投与しても、無効なだけでなく、臓器への鉄の沈着をもたらします。
[ 2008/02/28 10:20 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(1) | CM(0)

痛風(高尿酸血症)の症状 予防

尿酸は、細胞を構成している核酸が新陳代謝によって分解されてできる老廃物のひとつです。高尿酸血症とは、この核酸の代謝異常によって、体の中に拡散が蓄積し、血液中の尿酸の濃度が正常以上に増加した状態です。

[ 2008/02/28 10:18 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

高脂血症の症状

高脂血症とは、血液中の脂質、コレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸、リン脂質が、正常範囲を超えて増加した状態を言います。遊離脂肪酸以外の脂質は、リポ蛋白の形で血液中に存在するので、抗リポ蛋白血症ともいわれます。

[ 2008/02/25 16:37 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

低血糖の症状 糖尿病

糖尿病の治療中に、血糖値が正常範囲より低下することがあります。これが低血糖で、この状態が長く続くと、不可逆的な脳障害をもたらすことがあります。糖尿病で薬物療法を受けている人は、常に低血糖が起こる危険性を肝に銘じ、その対処法を知っておかなければなりません。

[ 2008/02/25 15:34 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

インスリン製剤 糖尿病の薬物療法

最大作用期間や作用持続時間などから、速攻型、中間型、持続型の製剤に分けられ、速攻型と中間型をさまざまな割合で混合した混合製剤も使用されています。

[ 2008/02/25 15:29 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

経口血糖降下薬 薬物療法 糖尿病

現在、その働きからインスリン分泌を促進させるスルホニル尿素材および非スルホニル尿素材と、インスリンの働きを改善するチアゾリジン製剤、ビグアナイド製剤、腸管における糖質の吸収を遅らせて食後の過血糖を改善するグルコシターゼ阻害薬の3つに大きく分けられます。

これらは単独あるいは組み合わせて使用されます。
[ 2008/02/25 15:24 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

糖尿病の運動療法

中高年の人は、まず無理をしないことが原則です。医師に体の状態をきちんとチェックしてもらい、運動が許可されればどの程度の運動をどのくらいの時間行うのがよいかを十分相談した上で、じょじょにはじめることが必要です。

[ 2008/02/25 09:04 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

糖尿病の症状と合併症

急性症状
高血糖症状(尿が多い・のどがかわく・からだがだるいなど)
ケトアシドーシス昏睡
非ケトン性高浸透圧性昏睡
ペットボトル症候群
乳酸アシドーシス

[ 2008/02/25 08:58 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

糖尿病の症状

高血糖による症状は、口渇、多尿、体重減少、全身倦怠感などですが、かなり進行するまで無症状のことが多く、健康診断での尿や血液の検査で見つかったり、診断されることが少なくありません。

糖尿病に特徴的な合併症状は、網膜症、腎症、神経障害ですが、動脈硬化症や各種の感染症も合併しやすくなります。

[ 2008/02/25 08:54 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

子宮筋腫の症状や治療

子宮筋腫は40歳代の女性に最もよく見られる良性の腫瘍です。女子の30%に子宮筋腫があるといわれるように非常に多い疾患です。

[ 2008/02/25 08:50 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

更年期障害の症状 原因 治療

更年期には、女性ホルモンの欠乏に伴ういろいろな症状が現れます。そのうち自律神経失調に基づく症状としての顔のほてり、のぼせ、異常発汗、動機、めまいなどや、精神神経症状としての不眠、不安、憂鬱などを一般に更年期障害といいます。

[ 2008/02/25 08:45 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

高齢者の骨折の症状 原因 予防 治療 脊椎圧迫骨折

年をとると、関節・神経機能が低下し、それによって運動能力も低下することは残念ながら否定できません。その結果ちょっとしたことで転倒しやすくなり、骨の弱化とあいまって容易に骨折します。

[ 2008/02/21 18:32 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

慢性関節リマウチの症状 治療 原因

慢性関節リマウチとは、手足の関節に慢性の関節炎を生じる病気です。朝の関節のこわばりが最低1時間以上続きます。

[ 2008/02/21 18:23 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

五十肩の症状 原因 治療

五十肩とは、50歳前後に多い慢性の肩の痛みで、痛くて肩の運動が制限され、髪をとかしたり腰に手が届かないことが半年、一年と続くことがあります。もちろん40代や60代でも起こります。

[ 2008/02/21 18:02 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

骨粗しょう症の症状 原因 予防 治療

人間の骨の強さは20~30歳代をピークとして、その後は骨のカルシウムが減り、弱くなっていきます。ある程度異常に弱くなった状態を骨粗しょう症といいます。

[ 2008/02/21 17:55 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

ぎっくり腰の症状 原因 治療

急に起こった腰痛を総称して、俗にぎっくり腰といいます。この中には椎間板ヘルニアの始まりや骨粗しょう症の脊椎圧迫骨折なども含まれます。

ちょっとしたよう腰の捻挫や寝違え的な腰痛であれば、数日で自然に治りますが、長引くようであれば専門医を受診しましょう。
[ 2008/02/21 17:50 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

腰椎椎間板ヘルニアの症状

椎間板軟骨がパンクして、その一部が後ろに突出し、神経を圧迫して坐骨神経痛を起こすのが腰椎椎間板ヘルニアです。

[ 2008/02/21 17:46 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

変形性脊椎症の症状 予防

中高年の腰痛で最も多いのが変形性脊椎症です。脊椎の軟骨は20歳代後半から老化が始まるといわれています。いわゆる背骨は、首から腰まで20個以上の脊椎骨が椎間板という水分にとんだ柔軟な軟骨でつながって構成されており、これが老化していろいろな問題を引き起こします。

[ 2008/02/21 17:42 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

腰痛の症状や原因

腰痛は人間にとって宿命的な痛みです。四速動物の脊椎構造のまま二本足で歩いているため、大黒柱の背骨に無理がかかるからです。

[ 2008/02/20 19:40 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

溢流性尿失禁の症状

原因が除去できるものであれば、基礎疾患に対する治療が優先されますが、そうでなければ、腹圧排尿、手圧排尿などの排尿訓練、間欠的自己導尿で対処します。

さらに重度であれば、尿道留置カテーテル法や尿失禁防止器具、集尿器の使用がやむをえない場合もあります。

[ 2008/02/20 19:35 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

切迫性尿失禁の症状 予防

排尿指導、膀胱訓練、環境整備が必要です。排尿指導では、排尿した時間、排尿量、水分摂取量、失禁の有無などの排尿パターンを排尿チャートから把握し、患者さんの自覚と自立を促します。

[ 2008/02/20 18:32 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

腹圧性尿失禁の症状

程度が軽ければ、骨盤底筋訓練によって、尿道括約筋の収縮力を高めることが有効です。また、尿道括約筋の緊張性を高め、尿道圧を高める目的でアドレナリン作動薬やβ遮断薬を使うこともあります。

[ 2008/02/20 18:26 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。