スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

眠れない 不眠の原因

中高齢者の不眠は日常的に自覚される症状のひとつです。高齢者では50%もの人に何らかの不眠が認められ。その頻度は年齢とともに増加するといわれています。また、女性に多く見られるのも特徴のひとつです。
不眠の種類では中途覚醒が特徴的で、次に早朝覚醒や入眠困難が自覚されています。高齢者では日中の転寝も多く見られます。

各年代ごとの変化では、40歳代から中途覚醒が多くなるなど、高齢者に見られる睡眠構造の変化がすでに始まっており、高齢になるとその特徴が強調されます。

寝付くまでの時間が延長している、睡眠中の覚醒が多くなっている、浅い睡眠が多く深い睡眠が少ない、レム睡眠が少ないなどの特徴があります。

中高齢者では自覚的には不眠がなくても、加齢による生理的変化ですでに睡眠障害の準備段階にあるといえます。
[ 2008/03/08 13:45 ] 症状からわかる病気 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://byouki5health.blog42.fc2.com/tb.php/871-65c11be4








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。