スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

咳やたんが出る原因 症状

気管支や肺に病気があると、分泌物が増えたり滲出物がでてきますが、それが喀出されたものがたんです。分泌物や滲出物が気管支に刺激を与えてせきがでるので、このようなたんを伴ったせきを、湿性の咳といいます。


また、気管支や肺に病気があると、せきがでやすい状態になり何らかの刺激で強い咳が出ます。このようなときのたんを伴わない咳を乾性の咳といいます。

気管支炎、肺炎
最も多く認められる疾患で、たんが黄色くなります。

肺気腫
体を動かしたときに呼吸困難とともに湿性のせきがでます。冬に多くなり、気管支炎や肺炎を合併したときは膿性たんが増加し、強い呼吸困難があります。早めに病院で受診してください。

肺結核
がんこなせきやたん、微熱、食欲低下があり、まれに血痰や喀血を伴います。
[ 2008/03/06 08:32 ] 症状からわかる病気 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://byouki5health.blog42.fc2.com/tb.php/852-d46fe3c4








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。