スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

歯周病の症状

歯周病はゆっくり進行するので、初期のうちはこれといった症状に気づかないことも少なくありません。最初は、歯垢中の細菌によって歯肉に炎症を起こすことから始まり、歯肉が赤くはれます。


炎症が歯根膜や歯を支えている歯槽骨まで及ぶと歯周炎と呼ばれます。炎症が軽いうちは痛みはありませんが、進行して急性炎症を起こすと激しく痛みます。

また、歯肉から出血しやすくなり、歯と歯肉の間の溝が深くなると、そこから白っぽい膿が出るようになります。歯槽骨の破壊が進むと、歯がぐらぐらしてきたり、歯肉が退縮して、歯が長く見えるようになります。

この状態になると、歯周病はかなり進行しています。口臭が強くなることもあります。さらに進行するとやがて支持組織を失った歯は抜け落ちてしまいます。
[ 2008/03/02 03:40 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://byouki5health.blog42.fc2.com/tb.php/838-943e45d7








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。