スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

血管性痴呆の症状

血管性痴呆によく認められる動揺性の痴呆症状として、夕暮れ症候群というものがあります。これは家にいるときに夕方になると、きまってこれから実家に帰りますと出て行こうとしたり、午前中に何の問題もなく入院した患者さんが夕方になると家に帰ると荷物をまとめたりする問題行動です。


また日中は寝ていて、夜になるとおきて騒ぐ昼夜逆転の症状もよく認められます。これらの症状にも最近ではよく効く薬があるので、適格に診断し治療することが必要です。

血管性痴呆は、アルツハイマー型痴呆とともに老年期痴呆の二大原因のひとつです。血管性痴呆の原因となる脳血管障害は、欧米に比べて日本人に多く、重要な疾患となっています。
[ 2008/03/01 20:37 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://byouki5health.blog42.fc2.com/tb.php/836-5853485b








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。