スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アルツハイマー型痴呆の症状

痴呆とは、一度正常なレベルに達した脳の諸機能が低下し、通常の日常生活を送れなくなる状態です。この原因のひとつにアルツハイマー型痴呆があります。


原因は不明ですが、何らかの理由によって神経細胞が変性して死にいたり、正常な脳の機能が働かなくなります。現在平均寿命は男性が76歳、助成は82歳を超えています。地方の有病率は75歳を越えると急激に増加することから、、現在総数100万人以上といわれる痴呆患者の数は今後ますます増え続けると予想されます。

とくにアルツハイマー型痴呆は加齢との関係が深く、原因の究明が急がれ、数多くの研究が行われています。

アルツハイマー型痴呆の症状は変性疾患で、その発症や進行はゆるやかです。そのため、発症の時期を特定することは困難ですが、初期症状やその後の経過に一定の特徴があります。初期症状としては、側頭葉の症状が多く見られます。

新しいことを記憶しておくことができなくなります。知的機能検査では、少し時間がたったものを思い出せないことがあります。
[ 2008/03/01 20:25 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://byouki5health.blog42.fc2.com/tb.php/835-30ae5d88








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。