スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠中に、上気道の閉塞によって、はげしくいびきをちゅうだんするかたちで無呼吸が見られるものです。夜間、睡眠が分断されるので不眠となり、起きたときに熟睡感がなく、疲労感や頭痛を訴えます。


また、十分な睡眠が得られないため、昼間の眠気が強く、知的能力の減退や抑うつなどの精神症状を伴います。

7時間の夜間睡眠中、10秒以上の無呼吸が30回以上出現するか、睡眠1時間あたりの無呼吸の回数が5回以上出現した場合、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

原因には、肥満や高齢者の軟口蓋か垂などがあります。睡眠時無呼吸症候群は、必ずしも病的でないことも多いのですが、問題となるのは高血圧症、心臓疾患、脳循環障害などの身体疾患を合併する場合です。
[ 2008/03/01 19:20 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://byouki5health.blog42.fc2.com/tb.php/831-00e55779








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。