スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パーキンソン病の症状

加齢に伴って頻度が高くなる神経疾患の代表的なものが、脳血管障害とパーキンソン病です。脳血管障害は近年の高血圧治療などの進歩によって軽症化し、入院期間も短縮の傾向にありますが、

パーキンソン病はまだ一般の医師の理解も乏しく、重症化あるいは寝たきりになってから専門医を受診するケースが珍しくありません。


パーキンソン病は、がんなどのように致死的な病気ではありませんが、感知する病気ではありません。というのは、この病気自体の原因が、老化と密接に関連していることがわかっているからです。

中枢神経の特定の場所の神経細胞が80%以下に減少すると、パーキンソン病が発祥してくることが知られています。この神経細胞は、病気のない正常な人でも、加齢とともに減少します。
[ 2008/03/01 19:04 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://byouki5health.blog42.fc2.com/tb.php/829-d2ab2ce6








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。