スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

網膜剥離の症状

最初は飛蚊症やピカピカと光が走ることがあります。このような前駆症症状の後、橋からカーテンが下がるように暗くて見えない部分が広がります。痛みや充血はありません。


網膜が変性したり、なにかのひょうしに引っ張られたりして穴が開き、そこに眼内の液が入り込んで網膜が脈絡膜からはがれてしまう病気です。通常、時間とともに網膜はく離の範囲は広がり、放置すると全剥離となり失明します。

初期の前駆症状が診られた段階受診し、穴だけの状態のときに見つかると、レーザー光線で穴の周囲を凝固する治療だけで済みます。ところが剥離を起こすと、なかなか大変な手術になり、入院も長引きます。
[ 2008/02/29 09:42 ] 中高年に多い病気の症状 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://byouki5health.blog42.fc2.com/tb.php/824-0af94c4d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。