スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

付加年金はどんな人がもらえるもの?


付加年金は、国民年金の第一業被保険者にのみある制度で年金額を増やしたい場合に国民年金の保険料に上乗せした保険料を納めることにより、老齢基礎年金にプラスしてもらえる年金です。

付加保険料は月400円で、年金額は200円×付加保険料納付済み月数です。この付加年金は、つねに老齢基礎年金と同じ動きをするもので、老齢基礎年金が全額支給停止されているときは付加年金も支給されませんし、老齢基礎年金の受給権が消滅したとき以外は付加年金の受給権も消滅しません。

また、国民年金基金の加入者や国民年金保険料の免除を受けている人は付加保険料を納めることはできません。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://byouki5health.blog42.fc2.com/tb.php/1164-f4436dc3








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。